Staffスタッフインタビュー

2018年入社 宇部営業所 営業部 伊佐 裕介

うどん屋からクレーンの営業へ

私は1年半前に転職してきたんですけど、前職はうどん屋で、その前は農業関係の仕事をしてました。入社のきっかけは弊社の部長が古くからの知り合いで「人を募集してるから来ないか?」と声をかけてもらったこと。それまで建設業にもクレーンにも接点がなかったので不安でしたが、他業種からの転職組も多いらしく、「自分たちもわからないなりにやってきて、なんとかなってきた。だから安心して来い!」と言ってもらって思い切って飛び込みました。

基礎知識はYouTubeで勉強!?

今は営業をやっていて、先方からのオーダーに合わせて現場を下見し、「このクレーンでどうですか?」と提案して実際にクレーン車とオペレーターを納入するまでが仕事です。クレーンの知識はゼロでしたがYouTubeにクレーン動画がたくさん載ってるので、基本はそれで勉強しました(笑)。あとは先輩が丁寧に教えてくれました。1年半で簡単な作業ならできるようになりましたが、この仕事は現場での経験が重要なのでもっと成長していきたいです。

学ぶ姿勢があれば誰でも歓迎

これまで一番印象深かったのは入社1週間後、島根県江津市の風力発電所の修理の担当に付いたことです。いきなり見積もりから現場まで任されて、しかも使うクレーンは大型の400トン。トレーラー10台に分解して現地まで運ぶ大掛かりな仕事で、スケールの大きさに驚かされました。うどんを茹でていた1年半前から人生が180度変わりましたが、やればなんとかできるもの。ウチは学ぶ姿勢があれば誰でも歓迎してくれる会社だと思いますよ!

ある1日のスケジュール

7:30
朝礼

ラジオ体操後、危険予知活動をして、事故を起こさないように気を引き締めます。

8:00
営業前の準備など

配車、メール、予定のチェック。
特殊車輌通行許可申請書の作成など。

9:00
営業

午後に備えてゆっくり休息
・・・としたいところですが、電話があれば対応するのが営業です。

12:00
昼食

午前に引き続き、お客様を訪問しました。
合間にクレーンオペレーターのパトロールチェック。事故を起こさないよう厳しくチェックします。

13:00
営業

帰社後、先ずはメールを確認。お客様からご依頼のあった御見積を作成しました。
クレーンの手配など。

16:00
見積、書類作成

ラジオ体操後、危険予知活動をして、事故を起こさないように気を引き締めます。

18:00
退社

基本、この時間に退社します。